Studyingの2023年中小企業診断士講座での勉強報告 11月

勉強の絵

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Studyingの2023年中小企業診断士講座での勉強報告 11月

2023年中小企業診断士試験合格に向け、2022年の9月より勉強を再開したのですが

今日は少し遅れましたが、2022年11月度の勉強について報告をします。

この記事は、

中小企業診断士試験合格に向けて勉強している人

中小企業診断士試験を受験しようか迷っている人

中小企業診断士試験の勉強を始めたがなかなかスコアが伸びず悩んでいる人

中小企業診断士の勉強をするならどんなテキストや講座がいいか迷っている人

向けの記事となります。

それではどうぞ。

目次

2022年11月 中小企業診断士試験 学習報告

勉強時間の内訳

2022年11月の中小企業診断士勉強時間についてですが、こんな感じでした。

11月の合計勉強時間 約26時間

講座(インプット)約16時間

演習 (アウトプット)約10時間

となりました。一日平均すると約24分…ううむ、もう少しやりたかった所ですが

本業もそれなりに忙しかったのでしょうがないです。

見かけの数字以上に勉強の質は高かった…ハズ

とはいえ、大事なのは勉強時間ではなくて質だと思っているので

短い時間でもきちんと成果が出せるよう色々な工夫はしていたつもりです。

ブランクが多かったので実際には講座をもう一度見直すことからやっているのですが、

講座の視聴スピードは基本2.5倍速

で見るようにしていた為、実際にインプットする情報としては

約16時間×2.5≒40時間

くらいやっていたかと思います。

ちなみに2.5倍速でインプットしている理由についてですが

シンプルに標準速度で聞くとじれったくなり、チンタラやっているように感じる

倍速で聞いても頭の中に入る情報に差がない(本人の体感)

結局はインプットしても忘れる&要約するとそこまで時間をかける必要がない

と考えている所が大きいです。

まぁ、シンプルに言ってせっかち?(笑)

ちなみに倍速で流している間にテキストはもっと早く読み進めてしまうので

テキストが先に終わり、講座がテキストを読むスピードを追いかけていくという

奇怪なことになってます。

というかテキスト一読して、

わからない所だけ講座ぶっ飛ばしていけばもっと効率よいじゃん…(12/7 書いてて気づく)

演習でわからない所を見つけていく

講座を聞くのも大事なプロセスだと思うのですが、もっと大事なのは

アウトプットすることだと思っています。

合格された方の経験、自分が教育業界で学んだ経験、そして今ベンチャー企業で成果を出す為にやってきたこと

どれを振り返っても、やっぱりアウトプットに比重をかけた方が良いと思うのです。

理由は大きく3つあって

わかったつもりを防ぐ(実際に解いてみて解けなかったとしたら、それはインプットが甘い)

演習慣れ(演習問題をこなすことでインプット以上に集中力が高まる)

自分の実力を客観的に捉える(わかってるとこはどこ?わかっていないところは?)

だと思っています。

現在、比重を見ると演習の方が少し割合としては少なくなっていますが

実はこの講座以外の演習もコッソリ進めています。

過去問ドットコム

無料でやれる過去問題が膨大にあるので、学んだ講座の所を解いていました。

なんだかんだ平日は毎日30分程度はやっていたので、もう少し勉強時間としては積みあがっていると思います。

この時期から過去問題やりすぎると、問題見た瞬間答え覚えちゃうんじゃないの?

なんて声も聞こえてきそうですが、心配無用。

演習や過去問題をスタートする時期が遅くなり、結果演習が足りなかった…

なんて事態になるより100倍マシです。

アウトプットの時間は最低インプットの倍は確保したい所ですね

問題集、単語帳がボロボロになるまで、というのは言いえて妙だと思います。

現在の成績と12月の見通し、今後など

11月末時点でのAIによる成績と12月

一応11月末時点でのAIによる成績予想も載せておきます。

おー!420点越えたね!って安心出来ないのがこのスコアの怖い所

これ、過去問題を正解するごとにスコアが上がっていくので

何回も繰り返し過去問題をやれば正解し、点数が上がっていくのは当たり前の話。

それと当日のスコアをくっつけられると、このスコアを妄信する人にとっては結構危ないんじゃないかなと。

明日もし試験だったとしたら、企業経営理論と経営情報については60点以上取れる自信がありますが

財務会計と運営管理は多分50点くらいでしょう。経済は問題次第で40点切る可能性あります。

それくらいシビアに見てやっていかないと試験合格しなそうなので、現時点ではこのスコアに一喜一憂はしません。

とりあえず500点越えてきたら一安心してもよさそうだけど。

11月はやった分だけモリモリ点数が上がっていきましたが、12月は

財務会計、運営管理、経済の復習が中心になると思うので

そこまで大きく点数は上がらないと予測します。

企業法務と中小企業政策のテキストが届いたら、軽く一周するのでその時にポンと点数上がるかもしれないですね。

実は別の資格勉強が中小企業診断士の範囲と被っていた、思わぬ副産物

今仕事の関係で、証券外務員2種の勉強をしているのですが(年内に受験予定)

ありがたいことに学ぶ内容の一部が思いっきり中小企業診断士の内容と被るんですよね。

財務会計と企業法務の一部と出題範囲が思いっきり被るので、一石二鳥な感じでとってもオイシイです。

12月は一時的に中小企業診断士のペースが落ちそうですが、財務会計というやや苦手な科目を

フォローしてくれる側面もあるので、前向きにこちらの資格勉強に励もうと思っています。

勉強の教材

各予備校や出版社からも続々と中小企業診断士の書籍やカリキュラムが出てきていますが、

当面ダンは

Studyingの中小企業診断士講座

過去問ドットコム

の2本槍で行こうと思っています。

一部わかりにくい所等があれば、補助書籍等購入することがあるかもしれませんが

テキストや問題集をあれこれ広げすぎることは結果的に非効率になりそうなので

まずこの2つをしっかり回していくことを考えてやっていきます。

また12月も沢山勉強して、報告したいと思います。

中小企業診断士の受験生の皆さん、一緒に頑張りましょうね♪

それではまた12月の報告までお愉しみに。

ダン

にほんブログ村

人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次