磯谷祐維がかわいい!高校・大学は?師匠は山崎隆之 かわいい女流棋士

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

今回の記事でお伝えしたいこと

磯谷祐維先生の女流棋士になるまでの歩みについて

磯谷祐維先生の女流棋士後の実績について

磯谷祐維先生のエピソードについて

 

将棋を見るならABEMAプレミアム!タイトル戦含め沢山の対局やオフショットが見られます

6月19日天心武尊戦のロゴ修正

 

いやー、磯谷祐維先生がやってくれましたね!

YAMADA女流チャレンジ杯決勝で野原未蘭先生を破り見事優勝!

 

後述致しますが、磯谷祐維先生は岐阜県出身ということもあり、同じく岐阜出身である

高田明浩先生とも面識があり、幼少時代は対局されたこともあるようです。

ダン

岐阜出身のダンとしても、同郷の方が棋戦優勝は滅茶苦茶嬉しいですね!

今回はそんな磯谷祐維先生について記事にてご紹介致します。

どうぞ最後までごゆっくりとお読みくださいませ。

目次

磯谷祐維がかわいい!高校 大学は?

高校は中部大学春日丘高校

磯谷祐維先生の出身高校について調べてみると中部大学春日丘高校であることがわかりました。

中部大学春日丘高校は高校からの入学も可能であるものの、中学部である

中部大学春日丘中学もあり、中高一貫用のコースも存在しているみたいですね。

 

磯谷祐維先生が出られた将棋の大会等を調べてみると、中学時代と思われる大会には

中部大学春日丘中学校で出場されていましたので

中学受験をされ、中学から中部大学春日丘に通われていることがわかります。

小学校6年時には岐阜県各務原市から、愛知県一宮市の浅井中小学校に在籍されていた記録が残っていますので

一宮市から6年間通学していたと推察します。

ダン

地元ならではなんですが、磯谷祐維先生が住まわれていた所から中部大学春日丘って距離・アクセス共に不便なんですよね…お車を使わず公共交通機関のみだった場合、片道1.5時間は最低でもかかってしまうんですよね。

将棋との両立、素晴らしいですね。

大学は国士舘大学の理工学部

中部大学春日丘高校を卒業されてからは、国士舘大学の理工学部に進学されています。

 

しかもなんとリケジョ!現在3年生であると推測されますが

研究と将棋の両立も頑張って欲しいものですね。

1/16 更新

現在国士舘大学は休学中とのことで、将棋一本でやられているとのこと。

復学されるのか退学されるのかはわかりませんが、これからも磯谷祐維先生らしい将棋を見せて欲しいものです。

磯谷祐維 生い立ち 奨励会~女流棋士後の実績

生い立ち~女流棋士になるまで

磯谷祐維先生は2003年、岐阜県の各務原市に生まれます。

将棋を始められたのは8歳の頃で、磯谷先生の祖父様が将棋がお好きだったことで指し始められたのがきっかけです。

その翌年には東海研修会に入会し、メキメキと力をつけていくと最終的にはB2まで昇級します。

自宅のある岐阜県各務原市から一人電車に乗り、名古屋にある将棋道場まで通っていたとのこと。

高田明浩先生にも刺激を与えるような生き様、カッコいいですね…

ダン

ちなみにB2に昇級して所定の条件を満たすと女流棋士になる道もあったんだよ。だけど…

 

2017年9月、山崎隆之先生を師匠に奨励会に入会します。

残念ながら奨励会では成績が芳しくなく、7級となってしまい2018年の7月に奨励会を退会しますが

アマチュア時代には数々のタイトルを獲得しており

中学生女子将棋名人戦全国大会優勝

女子アマ王位戦優勝3回(2連覇1度)

女流アマ名人戦優勝

全日本学生将棋女流名人戦連覇

 

元奨励会員であった実力を如何なく発揮し

女子アマチュア会では有名な存在となっていきました。

もともとは女流棋士への道をそこまで深く考えていなかったみたいですが、

周囲からの「勿体ないじゃん」と言う声に思うところがあったようで

そこから女流棋士になることを視野に入れ、再び本格的に将棋に打ち込みます。

2023年の2月に今度は関東研修会にC1クラスで入会し直すと

翌4月にB2級に昇級し、8月に規定である48局をクリアしたことで

女流棋士2級の資格を得ることになり、同年9月1日に

日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属の女流棋士となったのでした。

女流棋士後の実績

磯谷祐維先生が女流棋士になられた後の戦績で最も輝かしいものは

先述した第八回YAMADA女流杯での優勝でしょう。

そしてこのYAMADA女流杯ではアマチュア時代から参戦し、

女流2級→女流1級(決勝進出が昇級条件)→女流初段(優勝が昇段条件)

女性アマチュア棋士から一気にステップアップを果たした思い出深い大会になるのは間違いないでしょう。

2023年9月に女流棋士になったのでまだキャリアとしては半年も経過していないにも関わらず

一気に初段まで昇段したペースや、まだ21歳の年代であることを考えると

数年後に女流タイトル戦線に躍り出てきても決して不思議ではないですね。

実際にアマ時代も含めると、タイトル経験のある香川愛生先生、上田初美先生を破っていますし

同じLPSA所属の先輩でタイトル経験のある渡部愛先生にも勝っています。

ダン

凄まじい勢いで強豪を破っていく磯谷祐維先生。更なるご活躍に期待ですね!

棋風

磯谷祐維先生の棋風ですが、師匠である山崎隆之先生?の棋風を受け継いでいるのか

サウスポーから指される将棋はいわゆる定跡に沿った差し回しではなく、

早い段階から定跡を離れた力戦型の将棋に持ち込むことが特徴です。

 

ダン

ご本人も過去のインタビューであまり定跡を知らない、と仰せでしたので力戦調の将棋を好まれるのかもしれません。

野武士のような粗さの残る棋風、とても良いと思います。

幼少期は振り飛車、居飛車どちらもやられていたようですが

現在はどちらかというと居飛車の力戦形が多いように思います。

また、溢れるような勝負への執念が映像越しでも確認出来る程

勝負師としての顔も覗かせてくれます。

 

時折対局相手の上田さんをジッと睨むような(悪意はないんでしょうが)目つきで眺めている姿や

呼吸が少し荒くなるような様子、真っすぐに盤面を眺める様子などは勝負師そのものですね。

LPSAの大先輩もその姿勢を高く評価している様子が伺えます。

ダン

こうやって力戦調で勝負師!みたいなガッツある女流棋士の先生、あまり見かけませんよね…とても良いと思います。

 

ちなみにこのような闘志を前面に押し出して将棋を指すスタイルは、

師匠である山崎隆之先生から奨励会時代に言われたもののようで

「(将棋が)弱いんだから、せめて気持ちだけは相手に勝て」

 

と言う言葉を今でも実践しているようです。

ダン

いやぁ今の実力見る限り全然弱くないですけどね…

磯谷祐維 師匠山崎隆之とのエピソードなど

エピソード

LPSAに所属した理由は「自分の個性を活かせるから」

磯谷祐維先生が日本将棋連盟所属の女流棋士ではなく、LPSA所属の女流棋士となった理由は

髪色が奇抜でも認めてもらえ、より自分らしく活動できると考えたから

だからで、磯谷祐維先生のご活躍ぶりを見る限りそれは正しい選択であったと考えます。

一般的な女流棋士の先生にはないユニークさが磯谷祐維先生の魅力であり

金髪にファッショナブルな恰好、そして勝負に対する飽くなき執念…

これらの言動は、ややもすると年配の将棋愛好家から眉を顰められても仕方ない部分があるのですが

これからの時代の新しい棋士像として、磯谷祐維先生のように個性的に振る舞うことは

個人的には決して間違いだと思わず、むしろどんどん普及の為にもやっていくべきだと思います。

 

ダン

勿論全く礼儀や所作を知らない先生であれば、非難されてもしかるべきですが、昇級イベント等見ていても磯谷祐維先生はきちんと女流棋士・棋士の先生に対し礼節を持って接していらっしゃるんですよね。

 

日本の伝統文化であるからこそ礼儀・礼節に拘るべきというのは至極ごもっともですが

その上で磯谷祐維先生のように個性を最大限に発揮出来る素敵な先生が増えて欲しいと思っています。

個性は高い独立心から?

幼少期から一人で電車に乗り、名古屋の栄にある将棋教室に通ったり

中学受験をして片道1.5時間もかかる中・高校に6年通ったり

各地の将棋の大会に一人で参加したりと

磯谷祐維先生は個性的である前に、高い独立心を感じます。

少し表現として難しいのですが、あえて表現すると

他人の目を気にせず、自分のことは全て自分の責任下で活動していきたい

と言う意志をインタビューや棋風、対局中の行動一つ一つから

とっても強く感じてしまうのですよね。そしてそれがとても魅力なのですよね。

そして、

私には将棋しかない

 

と今の年齢で言い切れてしまう、精神的に達観した所も素晴らしい所だと思います。

 

東京に出てからも自ら研究会を開催し、周りの人を巻き込んで活動している様子を

師匠の山崎隆之先生からも語られていました。

ダン

どうやっても抑えられない衝動や自らの思い。それを個性と表現していいんじゃないかな。

 

惰性にならず自らの意志で将棋に向き合い、将棋を楽しむ気持ちを大切にすることを

師匠からもアドバイスとして頂いています。

師匠 山崎隆之との絆

そんな棋風や利き手、人としての不思議な魅力等似ている部分も多い山崎隆之先生ですが

師弟の絆は非常に強固である様子が伺えます。

 

師匠である山崎隆之先生、私達を楽しませてくれる表の顔とは裏腹に

将棋に関しては非常に辛く(勝負師なので当たり前なのですが)

奨励会在籍時には将棋に対して苦しい思いを抱くこともあったそうです。

しかしこうして僅かな時間であっても弟子の晴れ姿を一目見ようと駆け付ける姿や

サプライズで来た師匠に対し思わず涙ぐむ磯谷祐維先生を見ると

師弟関係は良好である様子が伺えますね。

また、磯谷祐維先生はX(Twitter)をやっており、過去にはこんな呟きもされています。

ダン

ちなみにダンもグローバルスタイルさんで作ったオーダースーツ数枚ありますが、いい生地を使ったのは15万くらいしました…それを女流棋士になられてすぐ弟子にプレゼントする師匠、やはりお優しいですね。

多くの女流棋士から学ぶ

個性的なファッションや棋風をはじめ、一匹狼的要素が強い磯谷祐維先生ですが

実際は全くそんなことがなく、LPSA所属の先輩である田中沙記先生をはじめ

沢山の女流棋士の先輩に可愛がられており、磯谷祐維先生も様々な先生から

将棋をどん欲に学ぼうとしている様子が伺えます。

個人的に滅茶苦茶嬉しいのは、ダンのイチオシ先生である鈴木環那先生

磯谷祐維先生のことをとても可愛がってらっしゃり、磯谷祐維先生もまた

鈴木環那先生のことをバッチバチにリスペクトされていらっしゃること!

ダン

本当に面倒見の良さ最高なんですよ、環那先生…姉御ポジションやらせたら環那先生の右に出るものはいません…これからも磯谷祐維先生をよろしくお願いします!

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回の記事でお伝えしたかったこと

磯谷祐維先生は力戦調の将棋を中心に指す、ガッツ溢れる女流棋士の先生

金髪や個性的なファッションで将棋界からも注目されている磯谷祐維先生

ただし礼儀や礼節もしっかりしており、沢山の先輩棋士からも愛される磯谷祐維先生

礼節や礼儀が大切なのは勿論ですが、

外から見ていて少し将棋界という「村」は堅苦しく、面白みに欠けるところがありました。

時代が昭和、平成、令和と移り変わる中で

棋士の像そのものも時代に合わせ少しずつ変わっていくべきだと思います。

個性的な外見や言動だけでなく、ガッツ溢れる将棋でもがんばる磯谷祐維先生をこれからも応援します。

ダン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次