片桐悠 BMXフラットランドの神童 18歳の世界チャンピオン

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

今回の記事でお伝えしたいこと

片桐悠選手のプロフィールについて

片桐悠選手の実績について

片桐悠選手のエピソードについて

 

片桐悠選手と言えば、まだあまり世間的に知られていない名前ではないでしょうか。

しかし実際はマウンテンバイク競技におけるスーパースターの一人であり

この度2/18放送のライオンのミライ☆モンスターでも取り上げられました。

そんな片桐悠選手について今回は記事にしました。

どうぞ最後までごゆっくりとお読みくださいませ。

目次

片桐悠 BMXフラットランドの神童 Xゲームズで優勝!

神童の画像

BMXフラットランドの神童

片桐悠選手は2005年に新潟県長岡市にて誕生します。

マウンテンバイクの競技であるBMXフラットランドを始められたのは

7歳の頃で、一足先にBMXフラットランドをやられていた5歳年上のお兄様、片桐亮さんの影響でした。

そこから2年後の9歳の時に初めて出場したBMXフラットランドの大会で、

キッズ部門でいきなり準優勝という成績を収め、BMXフラットランドの神童として

業界では一気に注目を浴びるようになりました。

BMXとは?

BMXとは、Bicycle Motocross(バイシクルモトクロス)の略で

競技用の自転車のことを指します。

 

このBMXを用いた競技には幾つか種類があり、大きく分けると

設定されたコースを走ってタイムを競う「BMXレース」

技の難易度や完成度、ジャンプの高さなど総合的に採点が行われる「BMXフリースタイル」

 

に分かれ、BMXレースは2008年の北京五輪から正式種目として採用されています。

片桐悠選手が競技として行っているのはこのBMXフリースタイルの方で、フリースタイルは更に細分化され

BMXパーク

BMXストリート

BMXフラットランド

BMXダート

 

となっており、片桐悠選手はこのBMXフラットランドの競技を行っています。

ダン

ちなみにBMXパークは2021年の東京五輪から正式種目となりました。BMXフラットランドも五輪正式種目化が期待されています!

BMXフラットランドとは?

BMXのフリースタイルにも大きく4つの種類があることは説明させて頂きましたが、

片桐悠選手が競技を行っているBMXフラットランドは

平らな地面でBMXを用いたアクロバティックな技の応酬を行うのが大きな特徴となっています。

片桐悠選手が実際にデモンストレーションを行っている動画を見つけました。

自転車のフィギュアスケートという呼び名が付くほど、実にスピーディで芸術性の高い技が求められそうですね。

ダン

凄いの一言…

2023 Xゲームズにて優勝

そんな片桐悠選手ですが、一気に注目を集めたのは

Xgames Chiba 2023での優勝でしょう。

Xgamesとは、エクストリームスポーツと呼ばれるカテゴリーに分類される

自転車やバイク、四輪、スノボー、スケボー等を使ってスピードや高さ、芸術性等を競う競技の大会で

夏と冬の年2回、アメリカのESPN社によって開催され、

アメリカを中心に世界で放送される、いわばエクストリームスポーツの祭典のようなものです。

フェスの写真

 

このXgamesの千葉大会にて、片桐悠選手は18歳ながら初出場初優勝の快挙を達成し

一気に知名度を高めました。

先述したXgamesでのBMXフラットランド種目は、この千葉大会でしか行っていない為

事実上の世界一を決める大会とも言われており、この大会で初出場初優勝は快挙と言われています。

片桐悠選手と決勝を争ったカナダのジーン・ウィリアム・プレボースト選手とは

2022年12月の大会で敗れていた為、リベンジにも見事成功となります。

2022年大会も日本人選手が優勝していた

2023年大会で優勝したのが片桐悠選手でしたが、

実はその前年に当たる、Xgames Chiba 2022で優勝したのも同じ日本人選手でした。

名前を早川 起生(きお)選手と言い、片桐悠選手と同じく新潟県長岡市の出身。

年齢も片桐悠選手の3つ上と片桐悠選手にとって兄貴分のような存在で、

幼少期からよく片桐悠選手とも一緒に練習されていたようです。

更に片桐悠選手が2023年の大会で、決勝に進む前に師弟関係にある方からアドバイスも頂いており

この方が世界チャンピオンに通算11度輝いたBMX界のレジェンド、内野洋平選手です。

残念ながら早川選手、内野選手は表彰台とはなりませんでしたが、2023年の

Xgame Chiba大会にも出場しており、BMXフラットランドは

強豪日本人選手も多くひしめき合っている種目であると言えそうです。

他にも世界チャンピオン経験のある荘司ゆう選手、アジアチャンピオンの佐々木元選手

BMXフラットランドの強豪選手となっており、このカテゴリーは日本人の強豪選手がズラリ。

ダン

師弟関係にある内野選手を越えるような片桐悠選手の活躍に期待です!

片桐悠 家族は? エピソード等

家族の写真

片桐悠 家族は?

片桐悠選手には5つ上にお兄様である片桐亮選手がいらっしゃることは紹介しましたが

その他にもお父様、お母様がいらっしゃいます。

お母様についての情報は残念ながら見つかりませんでしたが、

お父様の片桐靖さんは、片桐悠選手の生まれた新潟県長岡市で自転車ショップの

GLOWを2001年から経営されていらっしゃいます。

 

もともとは他の自転車ショップで働かれていたそうですが、自身がBMXの魅力に取りつかれて

独立されたとのこと。

BMX等をオンラインでも販売されているようで、幼少期に片桐悠選手やお兄様の片桐亮選手が

自転車と自然に触れあえる環境があったのは現在のBMXフラットランド競技を行う上で

大きくプラスになっていそうですね。

ダン

片桐悠選手は現在もGLOWの練習場で練習しているみたいですよ!

お兄様の片桐亮選手はSNSをやられています。

ご実家のGLOWでは、プライベートレッスンのインストラクターとしても活動されている片桐亮選手。

競技と普及、どちらも頑張って欲しいですね。

新潟県はエクストリームスポーツが盛ん?

片桐悠選手、片桐亮選手、そして早川起生選手。

いずれも新潟県の長岡市のご出身ですが、新潟県はエクストリームスポーツが盛んなようで

スケートボード(スケボー)やスノボーが楽しめる設備が県内にも幾つかあるようです。

 

世界でも有数の豪雪地帯でもあり、スキーやスノボーを気軽に楽しむことが出来る場所柄と言うこともあり

何かに乗って滑ってスピードを競ったり、その芸術性を競い合ったりと

そのような土壌が昔からあったのかもしれませんね。

片桐悠 これまでの実績

Xgames Chiba 2023の初出場初優勝で大きく知名度を上げた片桐悠選手ですが、

その他の大会でも優勝経験があり、直近のものだと

Flat Ark 2023(甲子園球場!)

マイナビ Japan Cup 名古屋大会

全日本選手権

と3つの大会でも優勝しています。

Xgames Chiba 2023大会の優勝が決してフロックだった訳ではなく

既に幾つもの大会で優勝実績があり、期待されていた様子が伺えますね。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

片桐悠選手、そしてBMWフラットランド種目は、今回放映されたライオンのミライ☆モンスターにより

一気に一般的な知名度が上がったと思います。

片桐悠選手を目指して子ども達がBMX協議を始めたり、

片桐悠選手も沢山のレジェンド級選手に負けないような実績をこれからも残されることを応援しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次